木材の格付け

  • バルサムファー

    バルサムファー#2&ベター

    ???????????????????????????????
  • パイン

    パイン#2&ベター 

    Pine Grade # 2 or Better

    パイン#3ユーティリティー

    Pine Grade #3 Utility
  • ホワイトスプルース

    ホワイトスプルース#2&ベター

    White Spruce Grade # 2 or Better

    ホワイトスプルース#3ユーティリティー

    White Spruce Grade #3 Utility

木材の等級は製品の品質、強度、用途別に特定します。 木材の等級は用途別に木材特性の最低基準が記述されています。

アルバータ州の木材は、全国製材格付機構(NLGA)の格付検査規則に基づいています。この規則は各グレードが等品質のものを得る為に、価値基準を厳しく設定しています。

全てのランバーは検査工程があり、等級、製材工場名、製材時の未乾燥または乾燥状態、樹種、種群のスタンプが押印されます。 製材工場は格付機関の管轄内にあります。

グレーダーが、強度、特性(木目、節、干割れ、腐れ、貫通割れ等)、外観(表面欠点、やにつぼ、やにすじ、変色、丸身等)を等級スタンプ押印前に査定します。格付けスタンプは購入した製品の品質確かさを証明するものです。

アルバータ州の一般的な等級の概要

ランバーの最終用途別に格付けがされます。格付けには一定の強さと外観が求められます。

ディメンションランバー(厚2-4インチ、幅2インチまたはそれ以上)

ディメンションランバー用途と概要 等級
ライト・フレーミング(幅2-4インチ)-一般的に高い強度が必要とされていない。
  • コンストラクション
  • スタンダード
  • ユーティリティー
  • エコノミー
ストラクチュラル・ライト・フレーミング(幅2-4インチ)- 高い曲げ強度性能が求められる(例:ルーフトラス)

セレクト・ストラクチュラル

  • No 1
  • No 2
  • No 3
最小限の欠点、強度、外観の質が高いランバー Jグレード
使用には高い強度特性が求められる 機械応力格付け
ストラクチュラル・ジョイストとプランク(幅5インチ)- 高い強度が求められる(例:床ジョイスト)

セレクト・ストラクチュラル

  • No 1
  • No 2
  • No 3
スタッド - 強度が重視される場所に使用する。 例えば、縦方向の耐力壁

格付けコスト削減の為、ランバーはグループ化させることもある。例えば、カナダのディメンションランバーNo1とNo2に外観の違いがあるが、強度は同じもの。このグループはNo.2アンドベター(#2&BTR)として、No1の使用が求められていない場所に用いることが出来る。

同じように、製材工場は個々の顧客の要望に応えて格付けします。(例えば、ホームセンターグレード、アピアランスグレード)その他にも、製材工場別に様々なグレードがあり、商標登録されているケースも多々あります。

参考資料:AFPA Making the Grade, Lumber Grading Theory Training, Learner’s Workbook