ジャックパイン

学名: Pinus banksiana
通称: スクラブパイン/ハドソンベイパイン/バンクシアンパイン


image

主な製品

SPFディメンションランバー/パルプ

特性

比重: 0.42
密度(気乾kg/m3) 444
ヤング係数(気乾MPa) 10200
破断係数(気乾MPa) 77.9
硬度 (材縁部N) 2560
材色 – 辺材: ほぼ白色
材色 – 心材: 淡褐色から赤褐色
機械加工: 良から可
接合:
仕上げ: 良から並


特徴

ジャックパインはカナダの寒帯林で最も広く分布するパイン種と認められています。森林蓄積量はロッジポールパインとショアパインと合計で算出され、アルバータ州では、パインが6億m3を超え、生長樹齢の針葉樹森林蓄積量の41%、広葉樹も併せた全体の蓄積量では26%を占めています。

カナダのパインは2つの樹種群に分類することができます。ソフトパインとハードパインで、ロッジポールパインとジャックパインは後者です。両者とも晩材部がはっきりと区別でき、中程度に堅く重い材質です。

ジャックパインは製材にもパルプにも好適で重要な樹種。枠組み材、下地、足場、内装造作といった建築用材のほか、箱やクレートにも使用されています。電信柱、鉄道枕木、防腐加工済み杭にも利用されています。ジャックパインは、NLGA格付規則によって構造等級ディメンションランバーとしてSPF材*に製材されています。最も多く生産されているのがセレクトストラクチュラル、#2&ベター、スタッドの各等級です。社内等級、ラミナ材、輸出等級も生産されています。

NLGA規則による外観等級も生産されており、クリア、ショップ、モールディング等級が一般的ですが、他にもさまざまな外観等級に格付けすることができます。

* SPF (spruce-pine-fir)樹種群の製材として販売。SPFにはロッジポールパイン、ホワイトスプルース、エンゲルマンスプルース、レッドスプルース、ブラックスプルース、ジャックパイン、バルサムファー、サブアルパインファーが含まれる。