ホワイトバーチ

学名: Betula papyrifera
通称: ペーパーバーチ/カヌーバーチ/シルバーバーチ


image

主な製品

パルプ

特性

比重: 0.51
密度(気乾kg/m3) 571
ヤング係数(気乾MPa) 12900
破断係数(気乾MPa) 47.2
硬度 (材縁部N) 4320
材色 – 辺材: 淡黄色
材色 – 心材: 濃褐色または紅褐色
機械加工: 良から優
接合: 良から優
仕上げ:


特徴

アルバータの自生種であり、なめらかな白い樹皮がはがれていくため容易に見分けられる樹種。日陰では育たず、林野火災の跡地や伐採で開けた場所で生長します。アルバータ州の広葉樹蓄積量に占める割合は3%とわずかで、州森林蓄積量全体では1%です。

パルプ原料、単板、合板、製材に使われており、アルバータ州では主にアスペンやバルサムポプラと組み合わせて、広葉樹ケミサーモメカニカル(CTMP/高収率)パルプと北部漂白広葉樹クラフト(NBHK)パルプの両方に使用されています。

高級材となる可能性を秘めており、家具、キャビネット、フローリング、その他造作に使用されます。アルバータ州では森林蓄積量における割合が低いことから、大量に出回ってはいません。